「やりたいこと」を最優先すると自営業は失敗する確率が上がる論。

Pocket

僕は週刊SPA!が愛読書なのですが、

先週掲載されてた特集の中でこんな記事が載っていました。

サラリーマンを早期退職してステーキ屋を開業したものの、

フタを開けたら全然お客が来ない。

味に自信があったが集客に結びつけることができず、

元手資金(退職金)は1年で使い果たし、店をたたむことに。。。

 

これを読んだ時の最初に思った感想。

ああ、似たような自営業者が全国に沢山いるだろなあーと。

 

ええとまずね、

 

大前提なんだけど、

売上をつくるためには「集客」と「販売」が同時成立しなくちゃダメ、です。

 

集客(マーケティング)と販売(コピーライティング)を先に学ばない限り

ビジネスの成功確率はガクンと下がるわけなんだけど、

そこをすっ飛ばして「自分のお店を持つこと」にフォーカスしている人が多すぎるんですよね。

 

僕が考える、失敗回避術をお伝えします。

 

「無知なバカ」こそ最弱の武器

 

自分のやりたいことをビジネスに結びつけていく、という考え自体には僕は賛成です。

 

なんですけど、

いきなり何の武器も持たずに会社を飛び出して、

とりあえず店を構えちゃうのは無知無謀なバカです。

 

先日堀江貴文さんが「バカこそ最強の武器」という書籍を出したので

読んでみたところ参考になるところが多々あり勉強になりました。

 

ただバカにも色んなタイプがあると僕は考えていて、「無知なバカ」は危険です。

(「失敗を回避するために知識武装したバカ」には勝てません)

 

後々に「やりたいこと」を成功軌道に乗せるために、

まずはスロースタートでいいんです。

会社にいながら勉強をして、「給料以上に稼げる」くらいのスキルを身につけておきましょう。

 

いきなり会社を飛び出すような無謀な舵を切るのは

最大のリスクでしかないので是非覚えておいてください。

 

失敗を回避するローリスク起業のススメ

 

まず何をやれば良いのか?

 

ここには2つのステップがあります。

まず1つめ。

これはさっきも言いましたが「スロースターター」になるということ。

 

いきなりリスクをとる必要はないですからね。

会社にいながら副業というカタチで

自分のビジネスをスタートさせることが重要です。

 

今の生活レベルは保障されつつ、将来に向けての種をまくという発想です。

 

この種まき活動を続けていけば

副業が本業を超えるレベルになることも珍しくない時代ですからね。

やらなきゃもったいないと思いますよ。ほんとに。

 

そして2つめ。

これは

やりたいことを後回しにして、先に成功しやすい分野でビジネスの基盤をつくる」

ということです。

 

会社にいながら副業でビジネスの種をまく場合、

サラリーマン自体が忙しいですからね。あまり時間は割けないはずです。

 

スキマ時間を使う工夫とかも必要は必要なんですけど、

そもそも最初は「結果が出やすいビジネス」にフォーカスするべきです。

 

アンテナをはってみよう

 

結果が出やすいビジネスって何??

って思いますよね。

 

そこで、ちょっと色んなところにアンテナをはってみると良いと思います。

 

僕は「物販ビジネス」をオススメしますが、

何をやるか?を決めるのはあなた次第ですからね。

 

PS.

ということで、これからは脱社畜ネタも書きつつ、

しばらくは物販ネタを中心に書いていこうかなーってぼんやりと考えています。

(未定ですが)

 

まだまだ色々書きたいネタ、ジャンルはあるんですけどね。

とりあえず「結果が出やすいビジネス」にフォーカスしていきます。

本気で取り組めば結構衝撃的な世界に突入できますよ。

(良い意味で)

 

ではでは。