◆本当に脱社畜するための人生攻略ガイド

ガイドブック
Pocket

脱社畜冒頭

 

まずはここから始めていきましょう。

最低限、会社に依存しないこと。これが出発点です。

 

そもそも、会社という組織には、
未だ「ウソ」や「虚構」の世界がまかり通っています。

 

ここに依存していかなければならない。。
というのは正直危険と言わざるを得ません。

 

◆民間企業の「プライベートも充実!」という企業広告のウソ

ウソ

「熱を出して有給を取ったら、翌日出社した時に殴られた。」

 

これは僕が過去に民間企業にいた時に経験した実話です。

 

就職する時には「有給完備!プライベートも充実!!」とうたっておきながら、
実際に入社してみると圧倒的に異なる現実が待ち受けているという。。。

 

このような実態が多かれ少なかれ民間企業にある風潮だと思います。
実際有給なんて取るのはもってのほか、休日も出勤。。という友人が結構いますからね。

 

嫌気がさした僕は、
必死に勉強をして公務員に転職したのですが。。。

 

◆「公務員は安泰」のウソ

京都

やっとの思いで就いた憧れの公務員。

しかし立ちはだかったのは厳しい現実でした。

 

今のところ給与水準や福利厚生は安定していますが、
意外と残業まみれの部署があったりして、
世間で言われるほど「おいしい職業」では無くなりつつあります。

 

例えば僕の知っている範囲で3人はうつ病になって自殺してしまったし、
そもそも疾患系の病気で休職、退職になった人もやまほど知っています。

一生勤め続ければ「そこそこの」職業人生をまっとうできるのかもしれませんが、
そこに到達するまでが長い長い道のりです。

 

なまじ安定している分、
高額な住宅ローンや保険を組んでしまってアップアップな暮らしをしている。。。
そんな人もたくさん見て来ました。

 

世間体的には安泰かもしれませんが、
いつまでも働かなければならない。。。

という精神的な安定はもたらされないかもしれません。

 

◆会社員、公務員を経験して来た僕が出した答えは

 

これはたった1つしか方法がありません。

 

「精神的にも経済的にも会社に依存しないこと」。

 

会社からの給料のみで生活していると、
会社が無くなった瞬間に生きていけなくなる」というステージにいつまでもハマります。

 

会社が無いと生きていけない状態のはつまり
「会社に不満があっても我慢しなくてはならない」という状態が続くということですので、
精神的にも良くありません。

 

そして「会社の給料一本」だけというのは経済的に見ても
今後不透明な部分があるので、僕は次のステージに進むことをオススメしています。

 

1:会社にいつまでも依存しなくて良いように、「脱社畜のためのマインドセット」を整える。

2:「経済的も脱社畜していくために」副業ビジネスを大きくしていく

 

この2つです。

 

会社に染まったままではいつまでも副業を始めることはできないし、
まずは「脱社畜のマインドセット」を整えること。これを行っていきましょう。

 

◆「脱社畜のマインドセット」を整えよう

マインドセット

 

それでは実際に、どのようにマインドセットを整えていくか?についてですが、
次のステップで読み進めていって下さい。

 

まずは「自宅」と「会社」しか自分の世界観が無い、
というのはあまりに視野が狭すぎますので、見渡せる世界を広げていきましょう。

 

◆「本当に脱社畜するための人生攻略ガイド」はここから!!

 

◯時間有効活用術を身につける編

時間

まずは何と言っても時間を捻出しなければ新しいことを始めることができません。

特に忙しいサラリーマンの場合はこの「時間の確保」がとにかく難しく、
ある程度ノウハウを知った上で行動しないと途方に暮れることもザラにあります。

 

まずは実際に僕が行った上で効果があった方法を以下に紹介しますので、
1つ1つじっくりと読んで取り入れてみてください。

 

もし仮に1日1時間でもスキマ時間を生み出すことができれば、
1年で計算すると365時間になります。

 

この365時間をうまく活用できれば、もっともっと新しい世界を切り開くことができます。
これは本当です。

 

◆通勤時間を有効活用すること

会社勤めの場合必ず避けて通れないのがこの通勤です。

僕は満員電車がとにかく嫌いでしたが、
あえて逆の発想で自己投資の時間にあてるようにしていました。

そんな通勤時間を移動学習室に変える方法がこちらになります。

 

 

◆残業しないでさっさと帰ること

「残業する奴がえらい、定時で帰る奴はけしからん」

という風潮が未だにありますが(これ本当どうにかしてほしい)、
うまーくスマートに帰るにはコツがいります。

残業しないワザは、こちらです。

 

 

◆スキマ時間を使うことがサラリーマン必須のスキル

通勤時間にしろ、退社後にしろ、
空いた時間を有効活用することでプラスαの力を身に付けることができます。

スキマ時間を無駄にしないことが、会社から独立するための近道だったりします。

 

 

◆最強の味方の作り方

一番近くにいる人に理解して、応援してもらうこと。
これに勝るパワーの源泉はありません。

間違っても家庭内不協和を起こさないように。
戦略的に、事を進めていきましょう。

 

 

◆自分だけの集中できる作業場を見つけよう

新しい学びを得る時に、パフォーマンスを最大に高める秘訣は
「自分だけの集中できる場所」を見つけることです。

たとえば、こんなところに行ってみるのはいかがでしょう。

 

◆もし今の労働環境が悪ければ、転職も視野に

会社での拘束時間が長すぎると、副業を始めようにも厳しいです。

僕自身も公務員になる前はブラック企業に勤めてましたが、
まず「転職」という行動を起こした過去があります。
(そのあたりの話にも少し触れています)

 

 

◆家事は自動化しておこう

プライベートにおいても時間を生み出すポイントは色々あります。

一番圧縮しやすいのが家事の時間。
家事というのはこだわり過ぎてもお金を生み出すものではありません。

うまく自動化の仕組みを取り入れて、無駄に時間をかけ過ぎないよう気をつけていきましょう。

 

 

◆買い物も自動化しておこう

ここで行うべき自動化はどうしても揃えなくてはならない「日常生活雑貨」についてです。
楽しみでショッピングする場合は自動化しなくて良いです 笑

 

 

◆究極は人付き合いを変えること。

僕は付き合う人を変えた瞬間に、
自分の時間の使い方が変わって人生が変わってきました。

もしもっと成功を目指しているのならば、
いっそのことガラッと環境を変えていくことが必要なのかもしれませんよ。

 

 

◯収入アップのためのマインドセットを整える編

通帳

 

せっかく使える時間を生み出しても、
それを有効に活かさなければ意味がありません。

 

何をしたら良いか?がわからず、
無駄なところに力を入れている人があとを絶たないのもまた現実。。。

 

正しいルートをたどるために、無駄なことに時間を使わないために。
次のことを意識しておきましょう。

 

◆今更英語なんて学習してもお金になりません。

僕は1年ほどガッツリ勉強して、日常会話程度でしたら英語を話せるのですが、
それが収入に直結したか?と聞かれると疑問を覚えました。

もっとコストパフォーマンスの高い分野を勉強すべきです。
こちらはそういった話。

 

 

◆忙しさと引き換えに収入を得ても意味はない。

給料が上がると引き換えに自由な時間がなくなるというのは、
サラリーマンが抱えるパラドックスです。

僕の知り合いにも貯金は貯まっていくけど
全く使う暇が無くて地獄。。。と嘆いている友人がいたりします。

 

 

 

◆やる気を引き出す本

モチベーションを上げることは副業を発進させる時の最も強い原動力になります。

僕自身はここで紹介する本を読むことで、
新たな見地を手に入れ前に進むことができました。

 

 

 

 ◆資金を作るなら会社にいるうち

貯金ばかりに目が向いている人が多いですが、
「会社という信用」を使えば資金は調達することができます。

僕はここからスタートして、
物販ビジネスで月700万円を売り上げるまで大きくしてきました。

 

 

 

 ◆副業のリスクを把握しよう

副業ブームとは言われていますが、
「それってほぼギャンブルじゃない??」と首を傾げたくなるビジネスも数多あるのが現実。

ここではメディアに取り上げられている
副業一覧の良し悪しをまとめています。

 

 

 

◆手堅く始めるならまずは「ポイントが淀みなく入る仕組み」の構築から

ネットを使った仕組みでもっとも稼ぎやすいのが「ポイントサイト」の攻略です。
僕はポイントが毎月20万円分ほど入ってくる仕組みを構築しています。

またそのポイントを使って普通に買い物ができたりするので、
現金を持ち歩くことが今やほとんどありません。(驚)

 

 

◆「時間の有効活用術を身につける」×「収入アップのためのマインドセット」を整えてこそ次に繋がる

 

上に紹介したコンテンツを読み進めることで、
「時間の有効活用術」、そして「収入アップのためのマインドセット」を身につけることができるようになります。

ぜひ参考にしてみて下さい。