◆軽井沢で驚き家賃の家を発見!!こんな場所誰が住むんや。。。

Pocket

昨日から思い立って急遽軽井沢に来ています。
居心地良いなーと思ってこの周辺の宿にはちょくちょく泊まるのですが、
「一度住んでみても良いのかな??」と思って家賃相場を検索したところ。。。

 

驚愕。

とんでもなく高くて口あんぐりしました。

家賃50万円、60万円とか、高いところだと家賃240万円(!)
といったところもあったりして、あーこりゃあ住む世界が違いすぎるなと 笑

 

軽井沢って一般住宅世帯よりも別荘のが多いっていう特殊な地域らしいです。

別荘よりも毎回ホテルに泊まった方が手間省けるしコストかからないんじゃないかなあ?
って庶民感覚では思ってしまうんですけど、上流階級にはまた違った世界観があるようですね。

(ちなみにビルゲイツさんも軽井沢に別荘を持っていたりする)

 

ただ、そんな数億円の資産を築かなくても、
今はそこそこ良い体験って色々得ることができます。

軽井沢

(今回もなかなかグレートな場所でした。。。)

 

例えば今回泊まった宿は土日に宿泊すると普通に3〜4万円とるようなところなんですけど、
平日タイムセールを狙ったら1泊1万円を切る値段で予約できました。

 

でもそれでクオリティが落ちているか?と言ったらそんなことは決してなくて、
十分(僕にとっては)ハイクラスのサービスを受けられるわけです。

 

◆お金よりも◯◯のが重要

 

資産を大きくする!
もっと稼ぐ!!

 

と野心を持つのは大事だとは思うんですけど、
お金を稼ぐと同時に「自分の時間」を削っていく人があまりにも多過ぎます。

 

サラリーマンは収入を上げようと思ったら残業時間を増やしたり、
忙しい役職とかに就かないといけないですよね。

 

副業の場合は収入を増やそうとして、リスクを大きく取る人もいます。(FX、株とか)

で、その結果思い通りの結果を得ることができずに大借金をこさえる。。。そんな人達もいるわけです。

 

僕が取り組んでいる物販ビジネスまわりでも収入を大きく上げている人はいますけど、
ヘタに従業員を抱えていたりして事務所から離れることができない。。。

というある種の「不自由」を抱えている人も知っています。

 

もともと縛られずに生きるためにビジネスを始めたつもりが、
いつの間にかお金稼ぐのみが目的になってしまい自由に動けない。。。

これって本末転倒だよなーと思います。

 

実際に月に50万、100万と稼ぎの額が大きくなるにつれて、
時間の自由さが減っていくという悩みを抱えている人にも沢山会ってきました。

 

一方で僕はどうなのか?というと、

お金よりも【時間、体験】を上位概念として捉えています。

 

はっきり言ってしまえばお金なんて稼ごうと思った時に稼げるんですよ。
でも体験価値というものは、今その瞬間!にしか存在しないものです。

 

僕は様々な体験をするために色んなところへ行くようにしています。

新しい場所に行き、見たこともない物に触れ、
初めての価値観を得るわけで「自分自身のフィルター」がレベルアップしていくわけです。

 

この感覚は会社と自宅のみを行き来しているようなサラリーマン生活では絶対味わえないし、
事務所でパソコンに張り付いて作業しているようなネット起業家、在宅せどらーとかも得難い貴重な体験なんですね。

 

だからこそ旅をします。
そこで鍛えたフィルターで情報配信をして、
また新たなビジネスアイデアと繋げていきます。

 

こうすることで起こる現象があって、
それが「遊びと仕事の境界線が無くなっていく」ということです。

 

僕は遊びながら物販でも稼ぐことができるんですけど、

そもそも自分で物販すらしなくても情配信の媒体を使って(このブログもそうですけど)ビジネスへと昇華しているわけなんです。

 

 

とりあえず今のステージが会社の給料しかない、
何をやったら良いかわからない、という場合は「仕事を極力アウトソーシングしていく」という感覚を養ったら良いかと思います。

 

自分の抱えている仕事が多過ぎたら、
どうやって人に任せられるか??ここに頭を使うというわけなんです

 

本業だろうが副業だろうが、
目の前の仕事を本当に自分自身がやらなければならないか?と問われれば、
決してそんなこともありませんからね。

 

うまくお金を効率的に稼ぎつつ、
自由に使える時間を増やしていく工夫を重ねていきましょう。

 

のちのち公開していく物販講座では、
そんなことにも触れていきますね。

 

ではでは。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。