【速報】アマゾンリサーチが全部無料で見られるぞおおおお(定価30万円)

Pocket

こんにちは。
最近はほとんど情報発信と子育てに時間を割いているかんてんです。

 

うちの会社では物販ビジネスも中核に据えているんですけど、
あてる時間が極端に減ってきました。

多分週に2〜3時間くらいしかやらないんじゃないかと。。。

 

ほぼ仕組みが完成しているので、
あまりタッチする必要がないですね。
(リサーチだったり、出品だったりといった部分です)

 

ここが物販ビジネスの1つの終着点ですね。

で、本日はそんな物販の始まりの一歩である
「アマゾンリサーチ」のお話です。

 

◯いつまでも物販に時間を当てるのはもったいない

 

正直なところ、物販は同じように始めれば誰でも結果が出やすいものなので、
あまりレベルの高いビジネスモデルではありません。

 

僕としては物販などはサクッと仕組みを構築してもらって、
さらに高いレベルのビジネスへステップアップしてほしい。。

と情報発信のコンサル生さんには説いています。

 

そしてそれはコンサル生さんだけに対してだけではなく、
僕のブログを読んで頂いている方に対しても思っています。

 

「物販」とか「ポイント」の仕組みはさっさと構築してしまって、
もっと「自分だからこそできる」というビジネスへと進んでいきましょう。
(僕はブログを中核に据えた情報発信がオススメ。。と考えています)

 

そうは言っても、とりあえずまず先にやるべきは物販です。
これだけで軽く月収10万円のリストは組んでおきたいところ。

 

ちなみに、なんの実績もないまま情報発信ばかりに力を入れているブロガーさんもいますが、
その毎日記事を更新する時間と体力を、先に物販構築に注いだ方が良いですね。

先に稼ぎやすいジャンルを進めて実績を積んでから、
情報発信へと歩を進めていくのが最も結果の出やすいパターンです。

 

◯知っておきたい「アマゾンリサーチのイロハ」(ネット仕入れ編)

 

今回記事にまとめようと思ったのも、

「アマゾンでどうやってリサーチしたら良いですか??」

と最近よくお問い合わせ頂いたからなんです。

 

意外と自分で調べるのは手間だったりするので。。。

一挙にまとめていこうと思います。

 

どうやら、ここに書いたような内容をコンサルとして教えるだけで
10〜30万円とか取ってる情報発信者もいるようですが 笑

僕は業界健全化のためにも、無料でとにかく出しまくります。

ではどうぞっ!

 

◯出品者を丸パクリする「セラーリサーチ」

こちらはアマゾンで出品している出品者を狙い撃ちにする手法です。

こちらはアマゾンの販売画面になりますが、
出品者が「アマゾンではない」商品を狙って行きます。
ちなみにこのページに表示されている出品者のことをカートボックス取得者と言います

 

なぜアマゾン以外の出品者を狙うのか?というと、
基本的にネット仕入れができる商品を他にも沢山扱っている可能性が高いからです。

 

ストアフロント」をクリックして行きます。
(問屋やメーカーを避けるため、評価数が100〜900くらいの中規模出品者を狙うと良いです。)

 

 

そうすると。。おやおや、沢山商品一覧が出てきましたね。
この中にネット仕入れできる商品が隠れている可能性が高いです。

 


基本的に、青文字で「prime」と書いてある商品をリサーチすれば良いです。
primeと書いてある商品はFBAで販売されている商品、と言うことです。

 

リサーチ方法は、ググるだけです。

(ショッピングをクリックすると、ネットショップが色々と出てきます。)

 

たまにセラーリサーチで真似されないようにカモフラージュするため
自己配送の空出品をしている出品者がいたりしますが、
prime」のみを調べれば簡単に実際に販売している商品を見抜けます。

 

また、空出品を大量にしている出品者などもいたりしますが、
その場合はアドレスバーの「page=◯」部分の数字を変えていけば空出品部分をすっ飛ばしていけます。
(大体前の方に空出品が配置してあることが多い)

このセラーリサーチを起点として、
類似商品を調べたり、関連商品を調べたりするのが「横展開のリサーチ方法」と言います。

 

たいそうな名前が付いていますが、基本パソコンでカタカタと操作するだけなので。。。
特に大した技術も必要ありません。
(多少根気が必要かなーって感じです)

 

◯せどり系の情報発信者から全てパクる「特商法リサーチ」
(ちょっと、えぐいやり方 笑)

 

よく「せどりだけ」の情報発信をしている人が世の中にはいるんですけど、
教材販売ページの下の方に「特商法」というものが書いてあったりします。

 

特商法には個人名(実名)、住所(実住所)が基本的には書いてあるものなのですが、
これをググります。

 

そうするとワキの甘いせどり系の情報発信者のアマゾンページが出てきたりするので、
ひたすらセラーリサーチを仕掛けます。

 

結局のところ美味しい出品者を見つけてしまえばセラーリサーチはほぼ完結してしまうので、
手馴れていそうな出品者情報を先に見つけ出してしまう。。。とある種の裏技に近い感じですね。

 

ちなみにこの手法を応用すると「ヤフオク」や「メルカリ」などでも出品者情報を芋づる式に暴くことができたりして、利益の取れる商品を一網打尽にできることもしばしばです。

情報発信するなら、特商法にはご用心ってことです。

 

◯メーカーのトップブランドを把握する「メーカーリサーチ」

 

こちらは正攻法なのですが、
家電、おもちゃ、美容化粧品といった各ジャンルのトップメーカーを調べ、
公式サイトをチェックしていく。。という手法です。

大体の公式サイトでは「売れ筋商品」のラインナップ表記がされているので、
そちらを起点にアマゾンで調べてみます。

 

薄利ですけど、こんなん出ました。

 

という感じで、普通に調べていても利益が取れる商品は見つかったりしますが、
ここからさらに「セラーリサーチ」「横展開リサーチ」を絡めていくと
リサーチの幅も広がってくるかと思います。

 

◯時間があるなら「ショップの全頭検索」

インターネット上には「アウトレット」とか「決算」などと銘打ってセールを行なっているショップが色々とあったりします。(例えばこのサイトはロハコアウトレット)

 

楽天市場内でもショップごとにセールが行われていたり、
クーポンが配布されていたり。。。

と店ごとに特徴が様々だったりします。

 

このショップごとのリサーチは若干手間がかかるのですが、
攻略できれば、その分メリットも結構得られます。

・送料無料になるラインはいくらか?

・商品が届くまでどれくらいかかるのか?

・ショップクーポンはあるのか?

といったショップごとのデータが取れるようになるんですね。

 

わかりやすい例として、「爽快ドラッグ」というショップがあります。

こういった定期的に配布される独自クーポンがあったりしますので、
うまく活用していきたいですね。

 

◯仕入れ先がメルカリやヤフオクだったら「直接交渉」


ポイント錬金からは少し離れてしまいますが、
ヤフオクやメルカリといったサイトも仕入先としては優秀です。
(楽天が運営するフリルなどもあります)

 

アマゾンの規約上「個人から仕入れた商品」は
基本的に新品として出品することはできないのですが、

ヤフオクなどは「ストア出品」という出品者が存在し、いわば業者仕入れが可能です。

 

またメルカリにおいても個人事業主が出品しているケースが多々ありますが、
(念のため請求書をもらうなどして)新品仕入れが可能なんですね。

 

またヤフオクやメルカリにおいては「直接交渉」ができる局面も結構あります。

 

サイト上で堂々とやり取りしてしまうと運営によって拒否されてしまうので、
商品が届いたら配送票に書いてある電話番号へ直接電話して、

「もっと買いたいんですけど、お安くしてくれませんか??」

って交渉するだけです。

 

直接取引のメリットとしては、
「競合が入りにくい」という価格帯まで
仕入れ値を落とせる余地があるという点になります。

 

一時期MLM系の商品で直接取引をする。。。
というノウハウも流行りましたが、

基本MLM系はメーカーが転売を認めていないケースがほとんどなので、
仕入れは自己判断で行なって頂ければと思います。

(僕はやってないですが。。)

 

その他ちょっと変わった仕入れ方法

ここから先は、
こんな方法もあるんだ〜って感じで結構です。

◯商社レベルでやりたいなら「卸問屋・メーカー直仕入れ」

直接電話・メールしたり、名刺を作って展示会場などへ行きます。

そこで直接商談が成立すれば、ロットで仕入れができる。。と言う方法ですね。

現金による事前決裁のところも多く、ちょっと手間がかかるという印象です。

 

◯競合の参入が嫌なら「カタログ作成」「OEM販売」

自分でカタログを作って売ります。
商標権などを取得してしまえば競合は現れません。

 

◯消費税還付金を受けたいなら「アマゾン輸出」

国内で販売する場合は消費税の支払い義務というものが先々生じるものなのですが、
(基本的に売り上げ1000万円を超えた翌年 ※例外がいくつかあります)
輸出の場合は消費税の還付金を受けることができます。

 

あ、気がついたら話が色々とそれました。

とまあ、色々とやり方はあったりします。

 

一番スタンダードなやり方は,

「セラーリサーチ」

「メーカーリサーチ」

「ショップ攻略」

このあたりになりますので、
うまくポイント錬金を組み合わせて行ければ良い感じに商品リストが作れると思います!

 

それでもうまくいかない場合は、
直接僕まで聞いてください。

ベストな回答をお答えしますので。

次はリサーチの効率化を測るため、
拡張ツールとかをまとめたいと思います。

ちまたで売っている物販の教材とかで。。。
お金を払う必要はないですよ 笑

 

合わせて読みたい記事はコチラ

もっとリサーチを加速させるなら、これですね。