Polca(ポルカ)ってチャレンジする意味あるのか??

Pocket

こんにちは。
もらうことより与えることが好きなかんてんです。

 

基本的に僕はインターネットとパソコンさえあれば、
月に10万円くらいだったら割と簡単に誰でも稼げるって考えています。

 

なんですけど、
昨今のブロガー界隈にちょっと気持ち悪い雰囲気が広がっているなーって思うので、
今日はちょっと突っ込んでおこうと思います。

 

◯月10万円以内で買えるものは自分で買いましょう

 

何が気持ち悪いのか??っていうと、

Polca(ポルカ)ってアプリ?です。

 

なにやら「フレンドファンディング」なるもので、
友達同士で必要な金額を企画を立てつつ、集めるサービスらしいですが。。。

 

いや、これってクレクレ君養成所なんじゃない??
って初めて見た時に、そう思いました。

 

僕もそうなんですが、

「独立してご飯を食べていくこと」を決意した場合、
基本的に「自分から価値を提供していくこと」を意識していかなければなりません。

 

ただ会社にぶら下がっているだけで、給料が毎月入ってくる。。。
というのは決してないわけなんですね。
(そういった意味では会社は人によってはぬるま湯だったりします)

 

そこで、問題となってくるのが先ほどのPolca(ポルカ)。

なぜかネットビジネスをやり始めた人がこのポルカチャレンジをやる傾向があるのですが、

ちょっと募集案件がしょうもないなーってことが多いです。

 

規模の大きいクラウドファンディングならまだしも、
ちょっとアルバイトすれば自分で買えるものを、
わざわざ人に恵んでもらってどうするの。。。って感覚です。

 

これからは「信用経済だ」「信用がお金に変わる」と各所で言われていますが、

信用ってそもそも人から与えてもらうものじゃなくって、

自分から作りに行くものなんじゃないの??

 

って、そう感じるわけなんです。

 

◯「まず汗を出せ、汗の中から知恵を出せ、それが出来ない者は去れ」

 

これはかの松下幸之助さんの格言だそうですが、

オンラインだろうがオフラインだろうが、
お金稼ぎって結構泥臭い作業の上に成り立っているものです。

 

僕が物販のシステムを構築したのだって3年以上かかっていますし、

今だってブログを1日に3本くらい(裏ブログを含めて)書いているわけですからね。

 

あまり自分の価値を与えずして、

「お金がもらえる!俺ってイケてるー!」

みたいに舞い上がっちゃうと、どっかでしっぺ返しが来ますので、
ポルカの罠には気をつけてください 笑

 

PS.

人にはステージがあって、
そのステージに見合わないお金を得てしまうとどこかでバランスを崩します。

そして、イケイケで突っ走るとこんな目にあうかもしれませんね。

 datushachi.net 
「いざ脱社畜っ!」
「ポイント」×「情報発信」で自由な生き方を実現する

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。