飲み会脱却マインドを構築せよ。

こんにちは、かんてんです。

 

僕が会社勤めしている時に最も苦痛だったのが、
「愚痴に染まった飲み会に参加すること」でした。

建設的な話は基本的になし。

隣の部課の文句を延々と言う。。。

 

「それって本人に言えば良いんじゃないですか」

というレベルのエンドレスなやりとりが続くので、
かなりの消耗度合いでした。

 

基本的に愚痴に染まってしまうと視野が狭くなります。

責任の在りどころを他人に転嫁するクセがついてしまうし、
なによりべったり染まってしまうと会社への不満を常に抱えて生きていく感じになるので人生の幸福度も落ちていくと思っています。

 

僕は愚痴に染まってしまうのが嫌だったので、
会社の飲み会などは本当に必要最低限しか出ないようにしていました。

(最後はほとんど出なかったですが、、w)

 

「あいつは付き合いが悪い」
と思われようが一切気にしません。

むしろ「付き合いが悪いキャラ」を確立してしまうと、
そんなに誘われなくなります。

 

ただでさえ会社の仕事で消耗しているのに、
さらに上司の愚痴に付き合わされたら無限消耗への入り口ですからね。

 

見渡すと、本当は行きたくもないのに「付き合いだから」と諦めて無思考状態で飲み会などに参加する人も多いものです。

別に全ての誘いを断る必要があるとは思いませんが、
やりたいことがあるなら優先順位を決めて参加するしないを決めたら良いと思います。

 

一方で飲み会も断り過ぎると村八分にあうかもしれないので、
そこがまた微妙なさじ加減を探るしかないのですがw

 

いずれにしても「愚痴が蔓延している場所」というものからは距離を離した方が良いと思います。

そしてもって、
愚痴を言う暇があれば、できることって色々とあります。

健康的な身体作りをするために運動しても良いし、
収入の柱を増やすために勉強する時間を増やしたり。。

つまりは会社以外での動き方を工夫することによって、
その後の人生の角度が変わってくるようなイメージですね。

自宅と会社のみを行ったり来たりするだけの毎日だと、
段々と視野も狭くなって行きます。

 

なんとなく愚痴に付き合って、
なんとなく仕事をこなして。。

本当はやりたいこともあったはずなのに、
飲み会や付き合いに追われ願望も薄れていく。。

 

このブログを見て頂いたからには、
もっと価値観や視野を広げてもらおうと思います。

少しの工夫を積み重ねていくことによって、
段々と会社に従属しない精神的な自由を獲得できるようになっていきますからね。
(僕の実体験をこれからもお伝えしていこうと思います)

最後までお読み頂きどうもありがとうございました!