資格試験は驚くほど役に立たない件。

こんにちは、かんてんです。

 

僕は小学生の頃から割と勉強オタク(そしてゲームオタク)だったのですが、
社会人になってからは「資格取得」にハマったことがありました。

日商簿記とか、ファイナンシャルプランナー(AFP)みたいな割とお手軽に取得できる資格は淡々と勉強して淡々と取得してきた感じです。

 

あと英会話も日常会話レベルでしたら1年くらいで使えるようになりました。

いつか何かの役に立つと信じて。。。

 

し か し(!)

これは実体験からお伝えするのですが、
資格は膨大な時間をかけて取得しても、思ったより役に立ちませんw

いや、別に役に立たないこともないんですけど、
どうせ時間を投下するならもっとコスパの良い勉強ジャンルってあるよな〜と今更ながら思います。

 

具体的にお話しすると、
例えば「ビジネスの勉強」とかは圧倒的にコストパフォーマンスが高いと思います。

 

僕の場合は「物販×外注化」というカタチで収益が上がる事業を1つ作っているのですが、
これは大体4年くらいかけて構築しました。

販売先のプラットフォームはアマゾンがメインなのですが、
もうアマゾンのことは知り尽くしている感じです。
なので稼ごうと思ったら割とサクサクとお金が稼げる感じです。
(投下時間として4年はちょっと長かったですが・・)

 

また「マーケティング」などの勉強もかれこれ10年近く続けているんですけど、
これとかも生きていく上での様々な面で役立っています。
もちろん収益性の面でも生きた知識として活用できているんですね。

 

一方で。。。目的なく闇雲に資格を取っても、
実際に役立てられる機会ってそんなにありません。

 

僕の場合でいけば英語が話せても別に海外に行くことがありません。
(治安を考えるとそんなに行きたいものでも無い 笑)

なので「あ〜今これ役立ったな〜」と思うのは、
浅草とかにプラッと立ち寄った時に海外の人に道を聞かれて、
その時に対応ができるくらいですw

 

一応通訳の仕事なども行なっていましたが、
若干面倒になったので頓挫してますし。

 

と、資格は所詮ただの公的証明でしかないので、
うまく活用できるルートを見つけてから取得するようにしないと無駄撃ちになることも多いと思います。

 

会社でのキャリアアップのために資格を取る、とかならまだわかります。
でもそれすら微々たる金額のケースも結構ありますからね。。。

 

なので僕の考えとしては「資格はコスパ悪い!」ということです。

 

今だったらグーグルで検索したり、
ツイッターで情報を調べれば様々な学ぶ機会が得られます。
わざわざ「資格」というカテゴライズされたジャンルだけに勉強のリソースを落とすのは視野が狭くなるかなあと。

 

僕は人が引くほど(!)勉強することが好きなので、
興味があるジャンルはガンガン勉強するし、実践に役立てるようにしています。

さしあたってネットマーケティングなどもこれからの時代は非常に重要な知識となってくるので、
どこかでそのあたりの情報を落とせたら!とそんなことを考えています。

 

はっきり言って、アウトプットする知識や情報があり過ぎて更新が追っつかないす。。w

まあ順番でブログも更新していく予定でござんす。

 

最後までお読み頂きどうもありがとうございました!