会社に依存しない仕組みを作るにはどうしたら良いか?

かんてんです。

僕は元々会社員、公務員としてガッツリと勤務していたので、
「自由な時間が欲しいな〜」と常々憧れていたものです。

 

本業の給料だけでも切り詰めれば生活できたのですが、
「なんとなく会社に依存している」という状況を脱するためにまずは給料以外に収益が上がる仕組みを模索するのは自然な流れでした。

僕が過去に取り組んだ副業は様々あるのですが(厳密には公務員の時には副業禁止だったのでお金を稼ぐことにはフォーカスしませんでしたが)、
順番で行くとこんな感じです。

 

・携帯アフィリエイト → サイト作成で断念

・メルマガアフィリエイト → メルマガを書き続けるも稼げず

・不動産投資 → 不動産物件回りをするとことで頓挫

・物販 → ここでようやく稼げるようになる

と、挫折してはまた再チャレンジして。。
という流れだったのですが、転機となったのは物販を始めてからでした。

 

ただここで「物販は稼げます・・!」と安易に促すつもりはなく、
今は誰でも彼でもは物販で稼ぎづらい状況です。

(コツはあるので、また機会があったら開示していこうと思います)

 

一方で最近では「ブロガー業」「インフルエンサー業」というビジネスも流行っていますが、これとかもコツコツと取り組んでようやく収益が上がるイメージです。
(僕は以前ブロガー業に参入して、狙った時にはとりあえず月収100万円には到達しました)

 

僕の実体験からすると、
いきなり情報発信!というのはあまりオススメできません。

というのも、「なんの実績もない」という状態だと読者さんもブログを真剣に読んでくれないんですね。

 

人脈とかを構築して、いっときはアクセスが集まるブロガーさんとか中にはいますが、その勢いが長続きすることは難しいものです。

 

実績がそこそこあって参入し、その後も作業をコツコツできる人だけが残る。
これが情報発信という世界のベールに包まれた真実だと僕は考えています。

 

さて。

では「なんの実績もない」という状態の人が会社に依存しないで、
時間だったり経済的もしくは精神的な自由(つまり本当に嫌な仕事だったら辞められる状態ということです)を目指すにはどうすべきか??

 

これについてハッキリとした答えを出すべくもう少し解説を試みます。

 

多くの人が「目の前の仕事」で悩んでいる中、
物販だったり情報発信を上手く取り入れる事で「コツコツと続け結果を出せば」生活の自由度が上がると僕は考えています。

 

ちょっと長くなりますが、
ここから適正ルートを包み隠さず書いてしまおうと思います。

 

①まず「稼ぎやすいジャンル」で実績をつくる

 

これは物販の他にも色々とあります。

自己アフィリエイトだったり、ライター業。この辺りは着々と取り組むだけなので結果が出やすいですね。

ライター業などは投下時間に対しては稼げる金額が少ないのが難点ですが、
一方で物販あたりは淡々と仕組みを作れば会社の給料とかを超えることも十分可能です。
(ただリスクがあるのでそれをカバーする必要はあります)

 

僕のオススメとしては、自己アフィリエイトなどで資金を貯めつつ、物販をやる。

もしくはライター業で文章力を磨きながら情報発信へ参入というルートです。

 

②「独自の情報発信」へと駒を進める

物販にしろ、ライター業にしろ、
稼ぐ金額を増やそうとすると労働時間が増えていきます。

 

物販だったら出品にかかる作業が増える。
この辺りを僕は外注さんを組み込んでいるのですが、投資金額が増えるのでリスクも当然増えます。

 

あるいはライター業だったら、単価が基本的に低いので思いっきり稼ごうと思ったらエンドレスに労働しなくてはならないので大消耗戦に突入します。

 

ある程度のところで実績を作ったら、
情報発信の世界へ切り替えていくことが仕組みの作り方としてはスタンダード、ということですね。

 

大まかに言うと①→②を淡々と行うことによって、
稼ぎの仕組みが段々とできてくるようになります。

まあ、ここでお金だけにとらわれてしまうと後々大きな落とし穴にハマることになるのですが。。
(この辺りもどこかでお話ししたいとは思います。)

 

いずれにしても、
「会社」という組織だけに染まっていたら到底見られない、辿り着けない世界が世の中には色々とあるということです。

 

今回の記事は非常に重要な軸となるので、
是非ぜひ覚えておいて頂ければと思います。

場合によっては印刷して壁に貼っておいても良いかと 笑

 

結果を出して人生を変えるためには繰り返しの学習が非常に有効です。
場合によっては目標を書き出しておくとかも良いですね。

 

やることを1つ1つ整理して、
理想とする世界に近づいて行きましょう。

それではまた!