会社のみに依存しない思考法の育て方

かんてんです。

 

僕は「選択肢が色々とある」というのが自由度が高く、
幸せな生き方をするにあたって必要なことだと考えています。

 

例えば僕は過去に民間企業で働いていた時には、
幹部に明らかに不遇な扱いをされていてもニコニコ笑っている上司がいました。

僕から見たら異様な光景です。
丸めた新聞紙で頭を叩かれているのに、「ありがとうございます!!」とか言う始末w
ドM過ぎる。。

 

それもこれも、
1つの会社にずーっとぶら下がって、
リストラに怯えて働く。。

という心理からもたらされるものだと思います。

 

スキルが無いから、会社以外では活躍の場所がないから文句の1つも言えない。

 

このような大人には絶対になりたくないな〜
と僕は20代前半の時に決意したので、とにかく時間を見つけては勉強をし、
「スキルを磨くこと」にフォーカスして生きてきました。

 

結果として、今は働き方を選ぶことができます。

フリーランスとして色々な事業を伸ばしたり、
もし他にもやりたい仕事が出てきたら企業に就職することもあるかもしれません。

 

ちなみに仕事をする必要もなく、毎日ブラブラと旅行に明け暮れるような
「自由過ぎる自由」というものは既に経験しています。

が、暇で面白くもなかったので僕は自分の働きたいように働く、そして自分らしく生きて行く、
ということを信条として活動しています。

 

見渡すと自宅と会社を行ったり来たりする毎日で、
価値観が広がらないままもがき苦しんでいる人が多いことにも気がつきます。

 

「本当はこんな仕事をしたいわけではないのに・・」

「給料以外にも収入が欲しい」

「家族にプレゼントをしてあげたい」

「もっと自由な時間が欲しい」

などなど、人によって望むビジョンは異なりますが、
まずは「会社という枠組み」からもう少し自由になっても良いと僕は考えています。

 

もちろん、いきなり会社を飛び出して起業・・
とかは全くオススメしません。
(実力勝負の世界へいきなり飛び出すのはリスクがあり過ぎます)

 

できればサイドワークという形でビジネスの種を育て、
段々と会社のみに依存しない仕組み作りを行なっていく。。
これが正解のルートだと思います。

そこで、まずここでは「会社のみに依存しない思考法の育て方」と題して、
僕が実体験として取り組んでいたことをいくつか紹介しておこうと思います。
(これはほんの一例です)

 

恐らく学校や会社では教えてくれないことがほとんどだと思いますので、
「こんな考え方もあるのか」という視点で参考にして頂ければ幸いです。

 

もし可能だったら、
落ち着いて集中できる場所でジックリと読んでみて下さい。

理解→行動→検証

というサイクルを回すことが成功への近道です。
自由を1つ1つ形にしていきましょう。

 

会社のみに依存しない思考法の育て方

 

まずは考え方をもっと柔軟に、自由に捉え
行動の幅を広げていくようにしましょう。

常識に染まってしまうと行動に移すまでは進めません。
常識は疑ってかかれ、と僕は考えて行動しています。

 

中には焦って会社を飛び出す人もいますが、
いきなりフリーランスになると地獄を見ることがほとんどです。
(スキルがないため)

一方で収入があって、働く必要がなくてもフリーとなると暇でそんなに面白いものではないです。
上でも話しましたが、自由過ぎる自由は退屈だったりします。

その真実についての記事です。

 

残業代をもらうことが当たり前。。
という姿勢になってしまうと、ダラダラと会社に残るハメになります。

もしリストラされたら?

「残業する」というスキルはあなたを助けてはくれません。

残業代なんて飛び越えていけるようなスキルを培うことをオススメします。

 

仮に目の前の仕事が忙しくても、
隙間時間をうまく活用すれば色々とできることがあります。

実際に僕は「隙間時間をマスターしよう」と自分に言い聞かせ、
細切れな時間は全てフル活用し作業スピードを上げる訓練をし尽くしました。

時間工夫についての記事です。

 

時間を奪うだけでなく、
飲み会は愚痴の言い合い、馴れ合いになることがほとんどです。

その空気感に染まってしまうと、前向きにチャレンジする姿勢を失います。
飲み会は最低限のみ出席することを僕はオススメしています。

同僚がお酒に飲まれている間に、スキルを積むこと。

 

これは実体験なのですが、
資格取得に明け暮れても大して人生は変化しません。

資格の勉強は膨大な時間を消費しますので、
見極めて取得するようにした方が良いです。

 

自宅だと中々作業が捗らないことがほとんどです。

環境を変えることで作業効率が加速します。

 

繰り返しますが、
いきなり会社を飛び出すのはNGです。
(死ぬ思いをします。。)

なので会社をうまく活用して、副業のタネを育てることが良いです。

 

実は本業がうまく行く人ほど、副業でもうまく進むことが多かったりします。

そのカラクリについて開設しました。

 

そして最後に。

会社のみに依存しない仕組みを作るためにはどうすべきか?

ここでルートマップを全て書いておきましたので、
ぜひじっくりと読んで理解しておいて下さい!

 

後日追記していきます!