会社という守られた組織を使わないのは戦略ミス。

 こんにちは、かんてんです。

 

最近では「フリーランス」という言葉が流行っていて、
ブロガー業だけでいきなり会社を辞めて独立。。という人が多い印象を受けます。
(社会全体で見たら少ないとは思います。)

 

僕の感覚からすると「かなりリスキーだなあ」という感じを受けるのですが、
それだけ収入を上げる手段が増えたんだと思います。

 

今はブロガーの他にもライター業だったり、物販だったりを組み合わせればサラリーマンの給料を飛び越えることは比較的簡単になりつつあります。

 

昔はそれこそランサーズなどのプラットフォームも一切無かったので、
在宅ワークしやすくなったよな~とある種の感銘を受けていたりします。
(僕はあまりランサーズは使わないのですが)

 

ただ、いくら稼ぎやすくなった!

といっても、実はライター業などはかなり低単価です。

 

1文字=1円

の世界ですので、ひたすら文字を書く、書く、書く。。

 

これを日々繰り返すことによって、どうにか日銭を稼ぐ、といった具合です。

 

つまり「労働」の枠は出ないので、
毎日あくせく働き続けなければならないわけなんですね。

 

一方でブロガー業というものも結構労働の要素は多いです。

 

毎日膨大な時間を割いて、
記事を更新、更新、更新。

 

もし専業ブロガーになろうものなら、
1日中家に閉じこもってブログを延々と更新。。といった具合です。

「それでお金が稼げれば良いじゃないか」

という意見もあるとは思うんですけど、
一方でお金ばっかり追うのも精神的に消耗するので僕はあまり好まないところです。

 

まず、これは1つの考え方なのですが、

「何かに特化し過ぎること」

というのはスキルが偏るのであまりオススメしないです。

 

例えば「せどり」という業界があるのですが、
ここだって今は販売先の中心核であるアマゾンが規制を強めています。

 

少し前まではかなり誰でも稼ぎやすい業界で「せどらー」と言われる人達が栄華を極めていたのですが、アマゾンだったりメーカーの規制が強くなるにつれて撤退する人が大量に。。
(この話も機会があったらしたいと思います。)

 

ブロガー業も同様です。

SEOばかりに特化したブログだったら、
グーグルによる検索アップデートがあれば一瞬で検索順位外に吹っ飛ばされます。

 

過去の歴史を紐解ければ、
ペンギンアップデートだったり、健康アップデートだったり、

グーグルのさじ加減1つでコツコツ積み上げてきた「資産」が一瞬で吹き飛ぶ恐れがある、
というわけなんですね。

 

じゃあ一体どうすれば良いのか?

というと、僕が実体験としてお伝えできる、
気をつけるべきポイントは以下の通りです。

 

まず1つ目。

①安易に会社は飛び出さないこと

 

はっきり言ってしまうと、会社員は社会的信用があります。

 

社会的信用って何のために使うの?
と思う人も多いんですけど、色んなところで役立ちます。

 

僕の場合でいけば、クレジットカードを大量に作成しましたし、
融資も引いたし、有給も沢山使ったし。。

と数え切れないほど会社員のメリットを享受していきました。

 

独立したいなら「会社」という守られた組織をフル活用して、
キチンと下準備をしてから舵を切るべきだと思います。

というのも、日本の風土としては転職を繰り返すほど職歴はランクダウンしていきます。

 

あまり職を転々としていたら転職するにあたっても不利になりますよね。

段々と条件が悪い会社を選ばざるを得なくなってきてしまう。

 

もし実名ブロガーでもやっていたら、
人事採用担当はチェックしてくる可能性は高いです。

そうすると、そもそも再就職すら厳しいかもしれないですよね。

 

一旦フリーの世界へ飛び込んだら、
死ぬ気になって稼ぎ続けるしかない。

でもマネタイズの仕組みが弱いとエンドレスに消耗戦。。

このような「フリーランス地獄」にはハマって欲しくないのです。

 

そこで安易に走り出す前に取るべき手段としては、次の通りです。

 

②会社に所属しながら、副業のタネを育てること。

収益が上がる仕組みができるまでは、
当然のごとくフリーランスになんてならない方が良いと思います。

 

でもこれは逆に言うと、
会社員でいるうちに「稼ぐ仕組み」を作ってしまえば独立するのはアリ、ということです。

ちなみに僕はこのパターンです。

 

中には独立してから「これから勉強します!」的な人もいますが、
生活費で貯金がすり減るので精神的にもよくありません。

繰り返しますが、安易に独立するのは絶対に避けるべき。

 

変な思想や精神論にすがる必要もないので、
淡々と稼ぐ仕組みを作りつつ、段々とやりたいことへシフトをずらしていくことが正解だと僕は考えています。

 

今まで色んな人を見てきましたし相談に乗ってきましたが、

「迷子だらけだな〜」

と率直に思ったので、これから1つの道を示していければと考えています。

 

それではまた。

 

PS.

これはまた別の機会に詳しくお伝えしますが、
鉄板のルートはこんな感じです。

・まず実績をつくる

・実績を元に情報発信の世界へ参入する

こう文字にするとなんとも簡単そうに見えますがw

 

途中で身につけるべき、積み上げるべきものが色々とある感じですね。

最後までお読み頂きどうもありがとうございました!