循環するマーケティング理論。

こんにちは、かんてんです。
今日もコツコツとブログを更新して参ります。

 

まず初めに宣言しておくと、
僕はこのブログに「アフィリエイト」だったり「アドセンス」を貼るつもりは一切ありません。
つまりブログ自体では収益化はしない、ということです。

 

普通ブロガーと言ったらアフィリエイトがペタペタと貼ってある。。
というのが一般的な常識のようなのですが、
僕はそのことについて前々から違和感を抱いていました。

 

何が違和感か?
と言うと、せっかく読んでもらおうと文章を書いているのに、

<突然アフィリエイトがバーン!>

みたいのって、嫌なんですよね。
見づらくなるし、離脱する人も出てくる可能性が高くなる。

 

そもそも僕はブログ自体ですぐにマネタイズ・・・
なんてことは全然考えてなくて、もともと文章が好きだから書いているような感じです。

 

昔からメールマガジンを発行していたし、
いつか文章を仕事にできたら良いな〜と常々考えていたものでした。

 

ただ一方で、「好き」を「仕事」にしようと思うと、
色々と矛盾点が出てくることもザラにあります。

 

例えばブロガー業だけで独立でもしようものなら矛盾点が色々と出てきます。

・目先の収益のためにアフィリエイト寄りの文章を書かなくてはならない

・生活がかかっているので定期的に有料オファーを乱発しなくてはならない

・大して内容も濃くないのに有料NOTEの定期発行

つまりはどこかで「お金のために焦る」という局面が出てきてしまうので、
好きを取るか、仕事を取るか。。みたいなパラドックスに陥ってしまうわけなんですね。
(実際このような人は多いと思います。)

 

んで。

僕はやっぱり文章をコツコツと書いてメディアを育てたかったので(つまり焦りたくない)、
先に「収益化」の部分は別事業を育てることにしていました。

それが物販だったり、ライター業だったり、店舗コンサルなどなど。。
ということですね。文章を中心とするブロガー業は収益化を全然焦らないです。
そのうち読者さんが増えてきたらブログ以外で何か企画できたら良いかな〜くらいのスタンスです。

 

さて、
前置きはこれくらいにしまして 笑

僕は「読者を循環させる」ということを常々考えて媒体を育てるのですが、
どうもこういった視点が抜けている人も多いようなのであえて書き起こしておこうと思います。

 

まあ、まだこのブログ自体はコンテンツ量も明らかに少なく循環フェーズまでには至ってないのですが、
現段階ではツイッターなどからひたすらアクセスを集めるようにしています。

こちらはまだアクセス解析して1週間ほどなのですが、
コツコツと読者さんはやってきますよね。
(まだ立ち上げたばかりなので、これから数字は伸びる一方だと思います。)

 

これなどは
ツイッター → ブログ

とアクセスが流れてくるわけですけど、
僕はこの後(おそらく)別の媒体へ回遊させていくイメージを持っています。
メルマガコミュニティとか、ですね。

 

以前からこのような「循環型マーケティング」は色々なところで活用していて、
以前だったらせどり界隈に対してアプローチした際は次のような流れでした。

 

無料レポートスタンド → ブログ → 有料フロントオファー → バックエンドグループコンサル

 

この時はブログを経由して60万円ほどの収益が上がったのですが、
基本的に着地点を定めているのでアクセスを無駄にしません。

そして読者さんを迷子にさせることも少ない 笑

 

見ていると、
「どこを目的に発信しているんだろう。。」と思うような人が結構多いものです。

 

ツイッターで延々とリプライをしていたり、
闇雲にブログを更新し続けたり、
挙句無料プレゼントを乱発していたり。。

何か目的があって、なら良いんですけど、
明らかに迷いの森を突き進んでいるような、そんな感覚を覚えるものです。

 

言ってしまえばブログも発信メディアの1つでしかないのですが、
きちんと設計図を描けば真剣に読んでくれる人も増えるはずです。

 

ちょっとアクセスが落ちたり、
収益が上がりづらくなったからといって「ブログは終わった!」と違うことをやり始めるのもどうかな〜と思うので、色々と工夫してみると良いと思います。

 

PS.

この記事は1回書き上げたと思ったら、
何かのボタンを押してしまって文章が消えていました。。。

なので再度書き上げていますw

 

こういったトラブルがあるとやる気を無くしがちなんですけど、
意外と2回目に書いた文章のがシックリとくることもあったりします。

まあ、人生そんなもんです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!