【究極時短術-第3章-】グーグルとツイッターを「外部脳」として使い倒せ。

こんにちは、かんてんです。

124時間というのは誰しも平等ですが、
少しずつ工夫を重ねていくことで「自由に使える時間」というものは段々と増えてきます。

 

またこの話はおいおいしようと思うのですが、
究極的には「脳」をブラッシュアップすることが最も効率的だと考えています。

 

ただ、

いきなり脳を鍛えろ!

なんて言われても、なんのこっちゃだと思います 笑

 

なのでここでは、

・僕の経験に則したもの

・話を(なるべく)飛躍させないように

この2点を心掛けて、今後も更新していこうと思います。
(これはこのブログの指針のようなものですね。理想論は語らないスタイル)

 

前回記事はこちらです。

 

さて!

前置きが長くなるのは毎度のことですが 笑

 

今回は今日から使えて、

意識すればスイスイと時短をはかれる手法についてお伝えします。

 

それが、こちらです。

ではどうぞ。

 

検索スキルをとことん高めること

 

僕は今まで沢山の人からネット関係の相談を受けてきたのですが、

その中で気になったこと。。。

 

「◯◯ってどう思いますか?」

というトーンの質問が多い、
ということです。

 

例えばブログで言えば、
ドメインの取得ってどうやるんですか・・

というものだったりということですね。

 

僕は初心者の方を突き放すつもりは無いのですが(この時は丁寧に教えました)、
実は検索スキルを高めればわからないことはかなり調べることができます。

 

検索スキルとは何か?と言うと、

主に使うのは、

・グーグル

・ツイッター

の2つです。

 

グーグルで調べれば、実は大抵のことが書いてあります。
俗に言う「ググる」ってやつですね。

 

僕はわからないことがあればスマホを片手にササーっと調べる癖がついています。
人に聞くより先に、グーグルに聞いてしまう 笑

この感覚を持つとあまり色々なことを記憶しようとせず、
必要な情報を必要な時にだけ取りに行けば良い。。

とグーグルをある意味「外部にある脳」のような感覚で使えるようになります。

 

ただ一方で注意点が。

検索上位のサイトは「広告サイト」であることも多いので、
「教えてgoo」「ヤフー知恵袋」などで類似の質問を探してみると良いでしょう。

 

またもう1つ、
時代の流れとして押さえておきたいのがツイッターを使ってリサーチをすることです。

 

実はツイッターを使えば世の中のトレンドは先読みができます。

 

ニュース、時事ネタ。。

テレビや新聞はリアルタイムの出来事を後追いしている感じですからね。

明らかにツイッターでささーっと情報検索した方が早い。
(なので僕はテレビを基本見ないです)

 

今は情報が洪水のように流れてくるので、
その情報は正しいものなのか?

といったリテラシーなども段々と培うべきだと思います。
が、まあそれはおいおいと。。

 

まずは習うより、慣れろですね。

是非参考にしてみて下さい。

さらに続きます。

【究極時短術-第4章-】はこちらからご覧頂けます。