【究極時短術-第3章-】時間管理のマトリックスを取り入れ最速行動せよ。

こんにちは、かんてんです。

今日はカラオケルームで朝から作業会を行なっています。

 

自宅だと中々作業が捗らない。。ということもあるので、
僕は定期的に外出して効率を求めることが多いです。
(これもちょっとした時短術ですね)

 

で、今は何をやっているのか?

というと、自己メディアをつくったりスキルを高めるために勉強したり・・・
といったところです。ちなみにこのブログもその中の1つ。

 

さて。

今回も引き続き「究極時短術シリーズ」ですが、
前回記事はこちらをご参照下さい。

 

時短術を身につければ身につけるほど、
人生の中で「自分のための時間」が生まれるようになってきます。

 

トコトン極めると、もはや暇過ぎて何したら良いんや・・

となってしまうのですが、そこから初めて人生の使命が見えてくることもあったりします。
(これは僕の場合です)

 

会社に忙殺されて、自分の将来についてゆっくりと考えることなく、歯車のように働く。

もしくは「お金を稼ぐこと」のみに追われて、
目先の損得に延々と振り回される。。。

 

このようなパターンにはハマりたくなかったので、
僕は空いた時間を見つけては、自分の生き方について深く考えるようにしていたものです。

 

こうやってブログを通して沢山の人に「自分らしい生き方」を考えて頂く。。

というのも、僕がやりたいこと(の1つ)というわけです。

言うなればライフワーク活動のようなものですね。

 

ちなみに、

どうやって生きていくのか?

これは長い人生の中で誰しもが抱える永遠のテーマなので、
一度ゆっくりと考えてみればより良い答えが見つかるかもしれません。

 

と、いう前振りを踏まえての時短術です 笑

 

今回は割とシンプルな方法です。

ではどうぞ!

 

「やるべきこと」にフォーカスしよう

 

これは「時間管理のマトリックス」とも言われたりするのですが、
毎日のタスクは次の区分けをしてみることがオススメです。

※サクサクと無駄な時間をあぶり出すことが可能となります。

 

区分けって何か?

というと次の4つです。

 

①緊急でかつ、やらなくてはならないこと

②緊急だけど、やらなくても良いこと

③緊急ではないが、やらなければならないこと

④緊急ではなく、やらなくても良いこと

 

この4つ。

実は多くの人は②と④の「やらなくても良いこと」に追われていて、
①と③の「やらなければならないこと」に集中できない・・

というケースも多いものです。

 

こうなると毎日忙しくはしているものの、
中々前には進めません。

 

やろう!と決めたことがズルズルと引き延ばしになっていく。。

というのはこのパターンのケースが多いと思います。

 

そこで反対に僕のオススメとしては、
白紙などに①③の「やるべきこと」を書き出して徹底的に無駄を洗い出すことです。

 

やるべきことを見定めたら、淡々と処理していくだけ。

実はこれだけで日々のタスクは最速で消化できるようになるわけです。

 

僕は会社の仕事などにおいてもこのマトリックスを採用していたので、
異常なスピードで業務をこなしていたことを思い出します。
(ま、やらなくても良いことは後回しにしがちでしたが。。)

 

例えば「お金を稼ぐ」ということが緊急のテーマでしたら、
稼ぎやすいジャンルを攻めるべきだと思います。

 

単価の高い仕事を引き受けたり、
稼ぐ仕組み作りに特化したり、色々とやるべきことを見定めようということですね。

 

なので僕は「物販」だったり「アフィリエイト」といったジャンルについてを先に攻略したものです。

 

一方で「お金を稼ぐ」というのはライフスタイルの一部分でしかないので、
それだけに囚われるのもつまらない・・とも考えていたりします。

 

僕の場合は「思考の自由度の高い人を育てたい」という思いが強いので、
売り上げ重視よりも集めたい読者さんを選定しているような感じだったりします。
(まあ回りくどいことをしていると思われるかもしれませんが・・・)

 

「自分のやりたいこと」

を成し遂げるためには時間もお金も必要です。

 

時間術を身につけ、

お金を稼ぐことにおいても自由度を得つつ、

「本当になりたい自分」へと歩みを進める活動を僕はお届けしていきたいと考えています。

※これはまた分かりやすい形でコンテンツはまとめていこうと思います。

 

さて、段々と時間効率についての意識が高まってきているかと思います。
続いて【究極時短術-第4章-】です。