性格と原体験と根源的欲求のつながりの話。

こんにちは、かんてんです。

 

僕は営業職として勤務している時に先輩から教えてもらったことがあるのですが、
それが笑顔で話しかければ笑顔が返ってくる(という謎の法則。。)。

 

当時は若かったこともあり

「ほんまかいなー」

って思っていたのですが、大人になると色々と見えてくるものです。

 

が、それはまた別の機会にお話しします。

 

今日は「原体験」の話です。

 

これはまたプロフィールなどでまとめたいとは思いますが、
実は僕は結構暗い過去を送っています。
(と自分では思っていました。)

 

実家は破綻しているし、

もともとゲームオタクでコミュ障だし、

それこそ彼女も長年いない、そんな青春時代 笑

 

その時の生育歴が原因となってか、
社会人となってしばらくは「明るく生きること」が中々できずにいたのです。

 

いや、正確に言うと「明るく生きられない」というよりも、
「絶対に見返してやる」みたいな強い野心にまみれていました。

 

これは後から気がついたことなのですが、
「原体験」といって幼少の頃の経験は大人になってから反対側に作用するようです。

 

例えばいじめられたら社会的に認められたい!と思うようになる可能性があるし、
貧乏な思いをすれば反動形成でお金持ちになりたい!という欲求が生まれる、という作用のことですね。

 

で、僕は?

というと、多分両方です。

 

お金持ちになりたいし、認められたい。

この欲求が人一倍強かったものです。

 

その原動力はどこに向かったのか?
というと、恐らく「様々なスキルを身につけなければ」という追われるような感覚です。

 

元々は穏やかな性格だったのに、
何故か走り続ける。スキルを探し求める。お金持ちになりたいという欲求が残る。

 

で、その後色々とあってどうにか今では「お金持ちになりたい」「認められたい」という欲求からは良い感じに離脱できたのですが、
これって多分30代を過ぎてから落ち着く。。。という感覚に似たもの、かもしれません。

 

子供を育てるようになり、

自分一人だけの人生でないことに気がつく。

 

そうすると「相手の気持ちに立つ」という視点が得られるため、
ゆるりと落ち着いてくるわけ、なんですね。

(僕の感覚からすると、丁度そんな感じです)

 

原体験によって苦しんでいる人って、多分結構多いです。

 

なぜ自分はこんな性格なんだろう・・・

と思い返すと、意外と過去からの繋がりによって形成されているかもしれない、

そんな、ちょっと不思議な話でした。

 

今日の記事は思いっきり雑談です。

最後までお読み頂きありがとうございました。