【語学学習メソッド】人生の幅を広げる語学学習メソッド

こんにちは、かんてんです。

 

20代の頃、スキルアップを目指して、
僕は1年間みっちりと語学学習に取り組んだことがありました。

 

語学とは何か?というと、主に英会話。

 

結果として日常会話程度でしたらスラスラと話せるようになり、
またちょっとした通訳士として活動した経験をしたり・・
と人生の幅が広がったことを思い出します。

 

なのでその方法を・・

と思ったのですが、
語学学習についてのメリットと注意点をあらかじめ伝えておこうと思います。

 

見渡すと気がつくのですが、
現在は英語学習を進めている方も多いものです。

 

小学校などにおいても英語教育が必修化され、
今後ますます英会話そのものには「プレミア感」が薄れていると感じます。

 

プレミア感ってなに?

というと、それ単体では大したスキルにはならない・・

ということですね。

 

英語では(そんなに)食えない、ということです。

 

じゃあわざわざ英会話学習をする必要ないじゃ無いか・・

って思われるかもしれませんが、
僕なりのメリットがあるので書き出しておこうと思います。

 

物怖じせずに海外へ行けるようになる

 

これは日本を飛び出した時に実感します。

海外の方と気軽にコミュニケーションが取れるようになると、
ちょっとしたことでも聞けたりする。

これって観光とかで行く時もかなりのメリットです。
(そう僕は感じました)

 

実際に地元の人しか知らないような穴場スポットへ行けたり・・

という経験をしたこともあるのですが、
この時は英語学習をしていて良かったな~と感じたものです。

日本の外でメリットを実感できる、ということですね。

 

今後はさらにグローバル化が進みますから、
日本を飛び出して活躍・・といった時には必ず身を助くスキルになるかと思います。

(こういった形で英語がスキルアップに繋がることは十分あると思います。)

 

脳がブラッシュアップされる

 

実は日本語と英語というのは文法構成が全く異なるので、

頭の中が一瞬ごちゃごちゃになります 笑

 

日本語 英語

もしくは

英語 日本語

へと変換する時に、グルグル~っと頭を使わないとならないんですね。

 

つまりちょっとした頭の体操になるわけなんですが、
毎日訓練すると結構頭の回転が速くなる感覚がします。

 

詳しい勉強方法については次回お伝えしますが、
僕は英語学習で培った「頭で考える」というスキルを横展開して、
他の分野に応用したり・・ということを(よく)やったりします。

脳内ハイブリッド、ということですね。

 

コミュニケーション能力が磨かれる

 

基本的に英語は「ラ」の音を中心に組み立てるので、
日本語で話す時よりも会話が明るい音階になります。

 

つまり音が高くなるので、
明るい印象を相手に与えるようになるわけです。

 

日本語はモゴモゴ・・・

と話しても伝わるような言語ですが、

英語ってハキハキー!

って伝えないとハッキリと聞き取ってもらえなかったりします。

 

「明るい音を出そう」

という姿勢が、気持ちをポジティブにする。
これができると対人関係が円滑に進みます。
(僕は元々対人関係が苦手だったので、非常に助かりました。)

 

そもそも海外の方は対人接触の際も対応が明るかったり、スマートだったり・・

我々日本人からすると「凄いなー」と思うことはよくあります 笑

 

明るく振る舞える、というのは社会を渡るにあたっては「非常に有用なスキル」と僕は考えていますが、
この辺りも英会話学習のメリットだなあ・・と僕は考えていたりします。

 

具体的な学習方法は?

 

若干前置きが長くなってしまいましたが、
具体的な学習方法について次回お伝えしてみようと思います。

 

すぐに身につける必要はないですが、
「趣味の範囲」として英会話を選択肢に入れておくと人生の幅が広がるかもしれません。

 

新しい世界を知る一助となればと思いますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

続きのコンテンツはこちらからご覧頂けます。