「影響力という武器」を確保する方法

こんにちは。
中里です。


僕はインターネット(ネットビジネス)という業界自体を知ってから
すでに10年以上経っているのですが(歳がバレる

この間の時代の進化っぷりは凄まじいものがあります。


 


世の中にはまだまだ実感していない人が多いのですが、
実は「個人のブランディング」というものが1日でつくれたりする、
そんな非現実的な社会となっているわけです。

ここで言う「個人のブランディング」とは何か?
についてですが、

わかりやすく説明すると
「影響力が確保できる」
ということに尽きます。


 


影響力。


これはつまり、
人への影響を与えることができる、
ということになります。

わかりやすい例で考えると、
芸能人とかがまさにこれ。


下積みのアイドルがコツコツと路上公演をして、
握手会を行い、CDの手売り販売をして・・・

ようやく獲得した「影響力という武器」を、
僕(たち)はインターネットという媒体を使うことで
一気に飛び越えることができるわけなんですね。


具体的な例で行きましょう。


例えば僕の場合ですが、
SNS(ツイッター)を使えば一気に人を集めることができます。
1日で100人近くの人を集めることとかはザラにあって、
全く無名の状態でも、爆発的に人に囲まれるわけなんですね。

でも一方で、
これは難しい人にはトコトン難しいようです。


よく聞くのが
「1人も集客できないんです・・・」
という相談事なのですが、
もう本当に1人集めるのに悪戦苦闘する人も多いようなんですね。


はてこれはどうしたものか・・・


おそらく、多くの人は
「人を集めることは難しいことだ」
という固定概念(パラダイム)にさいなまれているのだと思います。


仕組みとしてはそう難しいものではありません。


人は面白いところ、目立つところ、人が集まっているところ。


このような「熱量の高い場所」に関心が行き、
ドンドンと巻き込まれていくというわけなんですね。


じゃあ、やることは簡単です。


熱量を瞬間的に上げて、
ズバッと人を巻き込むこと。

この「巻き込み力」を養い、発揮することで、
爆発的に人が周りに集まるようになってくるわけですね。

渋谷の交差点を意識しましょう。


SNS上などのソーシャルネットワーク上は、
人通りの多い交差点に他なりません。


これは僕がよく言う話なのですが、
人通りが多い箇所で人を巻き込もうと思ったら?

当然、なんらかしらの面白い仕掛けを
働きかけなくてはならないわけなんですね。

少し頭の訓練をしてみましょう。


面白い仕掛けって、
一体なんだ?


なにができるんだろう?


と。


 


何か面白いアイデアがひらめいたら、
是非ぜひ僕にもアウトプットしてみて下さいね。


 


人に伝えることでアイデアがブラッシュアップされることも多いです。


ご参考までに!


中里のツイッターはこちら