英会話最速学習メソッドを公開します。

ゆるバイリンガルの中里おるとです。
僕は一時期ゆる通訳士として活動したこともありましたが、せっかくブログを開設したのでメソッドをまとめておこうと思います。

 

まず大前提として身も蓋もない話を言ってしまうのですが、そもそも英会話を学習しても大してメリットはない。。というのが正直な感想です。(これはあくまで僕の場合です。)

というのも、せっかく話せるようになっても使う機会がそもそもありません。
ゆる通訳士として活動はしたものの、そこまでやりたい仕事でもない 笑

 

英会話が話せるくらいではあまり大きな仕事に繋がることもなく、スキルの持ち腐れという状況です。
(同じような人は多いはずです。)

つまり、これから英会話学習に励む場合は仕事ではなく趣味のため。。と思って取り組むくらいがちょうど良いのかな〜と思っています。

 

これからは英会話学習する人も増えますからね。
誰でも彼でもやっていることだと、スキルとしては評価されづらくなるというのが世の常です。

僕の場合ですが、海外に飛び出してしまえば視野も広がったのかもしれません。
(でも、海外へ行くことも治安のリスクを感じあまり気が向かない。。)
そんなマイルドコミュ障の僕ですが、一応感じたメリットだけ軽くまとめておきます。

 

◯起業家が感じた英語学習のメリットとは

 

・脳の回転が早くなる

これは感覚的な話ですが、僕の場合は「英語脳」のようなものが頭の中にできて瞬間的な判断能力が早くなったと感じます。

 

英会話は文法的にもダイレクトな表現が多いので、瞬発力が上がるんですね。
これはセミナーなどを行う際にアドリブ力として繋がったような気がします。

表現の瞬発力が磨かれる。
(JUST DO IT!みたいな)

 

これこそが僕がもっとも感じた英会話学習のメリットです。

続いてはこちら。

 

・対人折衝が強くなる

基本的に英語圏のコミュニケーションはフランクです。
「ラ」の音を中心として高音での会話が飛び交うので何と言っても聞き取りやすい。

 

それでいて表現も直線的なやりとりが多くなる(日本語のように謙譲語、丁寧語、尊敬語などが存在しない)ので相手の胸に飛び込むような気持ちで人とやり取りする経験が増えました。

 

これは今の生活にも活きています。細かいことはあまり気にしなく相手にズバッと切り込むことができるようになるんですね。まあこれは僕の場合だけかもしれませんが。。
(少なくともマイルドコミュ障にとってはありがたいスキルとなりました)

 

◯最速学習メソッドをお伝えします。

 

僕が英会話学習にかけた期間は1年間です。
社会人となってから学習を始めたのですが、それでも日常会話程度でしたら十分話せるようになりました。(ゆる通訳士なので、そこそこレベルです。超早いネイティブスピーカーの対応は、無理 笑)

 

小さい頃から英語の学習をして。。というパターンでは全くないので、大人になってからでも英会話学習は遅くないという1つの例として参考にして頂ければと思います。

 

何事も始めるにあたって遅いことはないということです。

 

・NHKのラジオ英会話を毎日聴く(習慣の構築)

知っている人は知っている。ラジオ英会話です。
1日15分の放送なので、まずこちらを基礎学習として毎日聴く癖をつけます。

人によっては早く感じるかもしれませんが、繰り返し聴いていれば耳が慣れます。
耳が慣れてきたら、次のステージへ突入です。

 

・シャドーイングを繰り返す(土台の構築)

実はただ耳に流し込んでいるだけでは英会話のスキルは大して向上しません。
なんとなく耳が慣れても、話せるようになるわけないと考えています。

そもそも日本語の発音と英語圏の発音は異なりますし、文法構成も反対です。
シャドーイングといって音声を聞いたあとに即座に復唱する練習法を取り入れないと短期間での上達は難しいものです。

幸い、上に挙げたラジオ英会話ではシャドーイングを重視したレッスンが行われますので参考にしてみて下さい。反復すれば耳が慣れるし、なんとなく話せるようになります。これ本当。

 

・イディオム、語彙を増やす(基礎を積み上げる)

イディオムとは、英語圏で使われる慣用句のようなものです。
これ知っていればスラスラ〜って話せるような感触を得ます。

というのもイディオムさえ覚えてしまえば、あとは中に入る単語を入れ替えてしまえば良いだけなんですね。つまり語彙も増やせば英会話はほぼ成立するというロジックです。

語彙を増やすために、僕はスマートフォンの英会話アプリを通勤途中にチェックしていました。
これも反復学習で毎日行えば自然と語彙力がアップしていきます。
(通勤時間は必ず移動学習ができるのでオススメな時間帯です)

 

◯英会話学習は生活の幅を広げるための選択肢に過ぎない。

 

英会話さえできるようになれば、スキルアップに繋がる。。
といった勢いで勉強を始める人は多い印象を受けますが、できれば趣味や楽しみの1つと思って学習を進めたほうが良いと思います。

というのも英会話スキルがある方は世の中にごまんといるので、それだけでは勝負にならない可能性も高いわけですね。

 

これはサラリーマンに人気の資格試験などにも繋がる話なのですが、誰でもできるようなスキルを身につけただけでは大して食べられるようにはならないというのが僕の結論です。

死に物狂いで勉強をするより、楽しく取り組んで生活の幅を広げる手段の1つとして学習を進めたほうが健全だと思います。

 

これは実体験者からの言葉です。
ぜひ目的を見定めて学習を進めてみて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。