コアコア病にご用心。

僕は今有料サロンを運営しているのですが、
その中で「コア探し」についてちょっとした(?)講義をすることになりました。


※ここで言うコア、というのはコアスキルのことを指します。
自分が得意です!と誇れるものであり、
人からも評価されるもの。(と僕は定義してみました)


このコアスキルがもし見つかれば、
人を集めた場合にマネタイズ(収益化)に繋がる可能性が出てくる。


なのでコアスキルを見つけましょうねー
とサロンでよくお話しさせて頂くわけです。


実はこのコア探しという作業は
過去にも沢山の方にやって頂いたのですが、
見つからない人はどハマりして前に進めなくなることが多い。


これを俗に「コアコア病」と呼ばれたりします。


コアコア病って、
コアはどこだーコアはどこだー
って、コアコア言い始めるところから来たんだと思いますが(多分


このコアコア病にハマると、
無限に時間を消耗する人が多い。


というのも、コアってある場合と、ない場合があるわけなんです。


具体的に言うと、こう。


①積み上げてきたコアスキルがあるのに、
人から評価されるものだと自分では気がついていないパターン


②そもそも積み上げてきたスキルが乏しい。
そして人から評価されるスキルを持ち合わせていないパターン


僕から見ますと、上の①か②でコアコア病にハマっている人が多い印象を受けます。そして①ならば割とすぐに見つかることが多いのですが、②はそもそもコアがないから見つけ出すことが難しい。(というより見つからない)


実際に②と思われるパターンの人のコンサルを取ったことが何回かありますが、
どうにもこうにもコアスキルを導き出せることが叶いませんでした。


下手にコアコア病にハマるくらいだったら、
コア探しは一旦置いておいて、スキルの積み上げを意識した方が良いわけなんですね。


僕の感覚からすると、
やはり1万時間単位の積み上げは必要と感じます。


中にはトップ1%を目指すために
1万時間×3領域
という概念もあるそうですが、まあエライコッチャですよねw
(僕も一応3領域は抱えていたりします)


こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、
スキルはコツコツと磨き上げるもの。
これは間違いない。


どこまで上を目指すか?
は人それぞれですが、1つの指針としては参考になるかと思います。


焦って遠回りするよりも、
コツコツと近道を歩き続けるしかないと。


あれ?
なんだかウサギとカメの話を見ているかのようですね。


原理原則は古くから言い伝えられていることは多いです。
新しいノウハウだ!
と色々と飛びつきたくなる気持ちはありますが、
やるべきことはスキルを磨くこと。


ここにフォーカスした方が見える世界が広がるわけなんですね。
そしてこれは実体験に基づく話です。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました。