開始1週間で直帰率0%、2300PVを到達する戦略を全て公開

ハイブリッドブロガーと名乗っている中里おるとです。

なにがハイブリッドなのか?は自分でもいまいちよく分からないのですが、とりあえず色々なことをやってきたブロガーです。

ブロガーと言っても実際にこちらのブログを立ち上げたのは最近なのですが、1週間前からアクセス解析なるもの(グーグルアナリティクス)を入れてみることにしました。

 

僕はいまいちこれが凄いのか凄くないのかよくわからないのですが、1週間で2300PV、直帰率0%という数字に着地していました。



なにやら周りの方からのお話を伺うと、直帰率が0%というのがビックリされるようですね。
(なのでタイトルにわざわざ書いてみました)

ちなみに今のところSEO(検索エンジン最適化)はほとんど意識していないので、大半がツイッターからのアクセスです。というかほとんどツイッターです 笑



 

これを見れば一目瞭然なのですが、ツイッターは人を呼び込むにあたっては今でも有効ということです。

 

実は僕はツイッターの研究はそれこそ7年以上前から行なっていたのですが、ここ最近は特に活用することもありませんでした。(物販事業に集中していたので、情報発信自体をお休みしていました。)

当時も人を呼び込む際に活用できた媒体だったのですが、今でも効果は相変わらずです。

 

もちろんツイッターはコミュニケーションツールですので、仲良くなれる人を見つけるために活用するのが最も正しい使い方だと今でも思っています。(実際にツイッター社もそれを推奨するようなシステムを採用していたりします:リプライ循環システム)

そして正しく活用した結果、思いのほか多くの方が僕のブログへ来てくれるようになったというのも実感しているところです。(まだまだこれからですが、本当にありがとうございます。)

 

直帰率0%はなにやら珍しい・・とのことなので、ここから少しだけ思ったことを書こうと思います。

 

最近はツイッターを乱暴に使う人が多い

本来はコミュニケーションツールでしかないツイッター(SNS)なのですが、なにやらただの集客ツールと思って乱暴に使う方が多い印象を受けます。

具体的には「いいね」(ファボ)を集めるために無理してカッコ良いことをツイートしようとしていたり、「RT」をたくさん集めるために無駄にツイート乱発したりと手段が先に来てしまっている人が多い。

 

これは僕の実体験に基づく話なのですが、そもそも「いいね」や「RT」をそこまで集めなくてもブログを読んでもらえることは多いです。

というのも、ツイートを見てブログへと飛んでもらっていればツイッターに戻ることは基本的にはありません。よって特に「いいね」を押してくれていても実際にブログを読んでくれているかは分かりませんよね。(この話の延長で、僕の運営している有料サロン内で「いいね」は「どうでもいいね」の可能性もある、という話をしました。)

 

もちろん、ブログを運営していない場合はツイッター内で影響力を確保すれば良いのだとは思いますが、ツイッター自体の運営権限が他社(ツイッター社)にある以上、自社媒体へわざわざ飛んで来てくれる動線は描いた方が良いと判断しています。

色々と書きましたが、結論としては次のことが言いたいだけです。

 

ツイッターもブログも丁寧に書くべき

なにを目的に発信活動をするか?は人それぞれですが、あまりに結果を早く出そうと焦っている人が多い印象を受けます。

例えばよくある例を挙げます。ブログで焦って収益化を目指そうとしてなのか、記事を書いたら速攻でアフィリエイトを貼るケースが多い。単発的には収益が上がったところで長くは持ちません。すると当然ながら、収益が出ないならば・・と結局更新をすることすらままならなくなる。

 

この場合、更新が滞るのだったら最初から収益を目当てに発信をしない方が良いと思います。せっかく積み上げたブランディングを目先の利益のために毀損してしまうだけなので、収益化は後回しにしたほうが良いと僕は考えています。よって無駄にアフィリエイトは貼りません。

ツイッターも同様で、自分の考えにそぐわないツイートは行いません。RTも滅多にしません。まあある意味コミュ障ブロガーなわけですが(笑)

 

しかし自分の軸とは異なる発信活動をしてしまうと、誰に向けてメッセージを投げかけているのか?これがぼやけてきてしまうと考えています。

 

目先のお金のために発信活動をするのか?

本当に人のために役立つような、長期的に成長曲線を描けるような媒体を育てるために発信活動をするのか?

 

この辺りを考えた結果、僕は迷うことなく後者を選ぶことにしています。

 

長く活動できるような媒体を育てていくことが最も重要なことです。

周りに流されてしまうと、大局的な流れを見失うことに繋がります。

 

つまり僕の場合で言えば、今回のような目先のアクセス数に惑わされることなく自分の決めた道を突き進んで行くのみということです。ここに迷いやブレは一切ありません。

 

最後までお読み頂きどうもありがとうございました。