世の中に情報は全て出してしまえ

現在僕はフリーコミュニティと有料コミュニティの2つを運営しています。


ここで最近教えているテーマが、
「人に教え続け、感謝のスパイラルを起こしましょう」ということ。


まず僕は、無料でも全力で情報を出して行きます。


よく人に言われます。情報出し過ぎと。
でもそれで良いと思っています。


それでいて、基本的には無料と有料の差はあまり設けないようにしています。
(結果として無料コミュと有料コミュで伝えている内容にはかなり差が出ていますが)


たまに、
「この情報は有料級です!」
という発信をしている人がいますが、
僕はそのようなアピールをしないように気をつけています。


むしろ僕が重視しているのは
「相手が理解したか」「満足したか」という2点のみです。


情報とは例えるならば武士の刀のようなものです。


人によって使いこなせば強力な武器となりますが、
使いこなせない人にとってはただ重いだけのお荷物ということ。
だからこそ理解してもらってなんぼだと思っているわけです。


「こんなにくれるんですか・・・」
とよく言われるんですが、目的はそこではないわけです。
理解して、使ってもらわないと話にならない。


そのまま相手の悩みが解決するならそれで良いし、
羽ばたいてもらっても一向に構いません。
と、そんなスタンスで発信者をやっているわけなんですね。


逆に多くの人はこれが怖くてできません。


「情報を盗まれたらどうしよう・・」という思いに駆られてしまう。


僕も最初の頃は、
盗まれたらどうしようと感じていました。


ただあるときにブレーキを踏み外します。


「もう世の中へ全部出してしまえーー!」と。


そうしたらビックリ。
人がドンドン集まるじゃないですか。


人に教えるほど僕も学習が深くなるので、気にせずガンガン落とし続けます。
やがて理解が進む人が増えるようになり、周りから感謝され・・・


と、このようなスパイラルを描くようにしているということです。


実は、「情報が盗まれるのが怖い」という考えにハマってる人は、
「奪い合いの市場」でビジネスをしていることが多かったりします。
(ゼロサムゲーム市場って言います)


つまり先に出したら飽和する情報ばかり集めているということ。
投資系の市場などはこれに当てはまるケースがほとんどです。


 逆に飽和しない情報は何か?というと、
一番わかりやすいのは自分自身の経験談ですよね。

これは世の中に出したところで自分のことを知ってくれる人が増えるだけなので、逆にドンドン出した方が良い。


言うなれば、情報で人に集まってもらって、さらに深く教えて理解してもらう。信頼してもらってあとをついてきてもらう。このような流れですね。


当然のごとく、時間も手間もかかります。
それでいて突然消える人ももちろんいたりします。


ただそれでも人に教えたい、
世の中で助かる人が増えればそれでいい。


こんな調子で発信をやっていると、
いつの間にやら多くの人に囲まれるようになってきました。


相手に役立てられる自分のスキルとは何か?


ここをよく考えて、新たな学びを拾っていくと良いと思います。


最後までお読み頂き、どうもありがとうございました!