「安易に会社を飛び出す」という選択肢は有りか無しか

元公務員の中里おるとです。

僕は自分のアウトプットのためにツイッターをよく愛用するのですが、
なにやらキャッチーなメッセージをいつ頃からか見かけるようになりました。

 

「会社を飛び出して、自由になろう!」

「フリーランスが最高!」

 

ん?

僕はこのメッセージを見たときに正直違和感しか無かったのですが、
これを真に受けた場合は結構リスキーだなあと感じたものです。

 

なぜかというと、
そんなに甘いものではないからです。

仮にブログで稼ぐということを想定した場合、
アフィリエイトでは不安定がつきものです。

 

マーケティングのロジックを差し込んで検証、検証を繰り返せば自動で販売される仕組みを構築することはできますが(僕も構築したことがあります)、
別にそれだったら会社を無理に辞めてまでして行うようなことではありません。

そもそも、会社を辞めることで一番のデメリットがあるとしたら「社会的信用」を失うこと。

 

僕はこの辺りをかなり計画的に動くタイプなので、
公務員でいる間に用意できるものはほとんど用意しました。

 

・外注化させて稼ぐ仕組みの検証(これは自分ではやっていませんが)
・資金を最大限引っ張るための戦略
・スキルを最大限身につけること(20代はほとんどインプットで終わりました)

 

で、ようやく人並みに起業してどうにか好きなことができているかな〜
という感覚です。

 

あれ?

いつの間に起業のハードルが下がったんだ?と、そう思うわけなんですね。

 

もちろん起業をすること自体はそんなに難しいことではなく、
所定の手続きをすればポンポンとフリーランスにはなれます。

 

ただ、実力も何も無い状態で無闇矢鱈に飛び出したところで、
地獄を見る羽目になるだけです。

 

いっとき稼げるようになってもロジックが無ければ長続きすることはないし、
毎日死ぬほど努力をするか、またどこかの企業に所属するか・・
の二択になることがほとんどだと思います。

 

信用で生きるためには仕組みが必要

 

「信用を集めれば生きていける」

という言葉が一人歩きをしているので、少し言葉を挟みます。

 

信用を集めて、その信用残高を適切に変換する仕組みがないとマネタイズ(お金にすること)には繋がりません。

例えば自社コンテンツを販売したり、動線を敷いてアフィリエイトに誘導したり・・
と、きちんとした仕組み(ロジック)が無いと単発的な収益にしかならないことがほとんどです。

 

一体どうすれば良いのか・・・

と悩む暇があったら、コツコツと勉強と検証を繰り返すしかないわけなんですね。

今の時代、在宅で稼げる方法は探せばいくらでも出てきます。

 

もちろん自分で仕組みを作るのが一番強いです。

安易に他人には奪われないゾーンを最後には作らないとダメですからね。

 

ただ、僕は一方で勢いに任せて会社を飛び出すのも選択肢としてはアリだと考えてはいます。

 

会社を飛び出すメリットとは

 

会社を飛び出すことで得られること。

これは経験から語るのですが、

実は一番のメリットが、
「踏み出せる勇気が持てる」ということ。

 

恐らくほとんどの人が安全牌を取りに行く人生を送るので、
どんなにメリットが見えても独立起業まで踏み切る人はわずかです。

 

家族に止められたから・・

上司が怖いから・・・

といった周りの顔色ばかり伺うような人の場合、
独立起業は99%無理でしょう。

 

実は、これが一番のリスクだったりします。

会社にずーっと縛られたままの場合、
基本的には家と会社のみの行き来で大半の人生が終わります。

 

会社から求められるのは「最大限の生産効率」ですから、目一杯働かされます。

給料も年齢に応じて少しだけ余裕がある設定の企業が多いので、ゆるーく踏み出す勇気を奪われます。

 

「なんとなく、生きている」

このような煮えガエルのような状況に追い込まれ、
年齢を重ねれば重ねるほどリスクが取れなくなって生きます。

 

具体的に言うと、子育て、昇進、家族の介護、など身の回りの問題が出れば出るほど会社に縛られるようになる。

一方で、若いうちに会社を飛び出してリスクをドンドンと取ってきた人は早いうちに地獄を経験することが多いです。(何もなく順風満帆に起業した・・という人もいますが、稀です)

 

代わりにとてつもない量の経験が積めるわけで、この差が大きい。

ということで、僕は会社内でもエネルギーを持て余している人はガンガン起業してしまえば良いと考えています。会社の枠内では収まらない人は広い社会へ飛び出すべき。

 

特に最近は家賃もあまりかからないシェアハウスなどもあるので、刃を磨くには必要過ぎる環境が整っていると思います。僕は当時こんなのありませんでしたからね。。。

まあ正直なことを言ってしまうと、死ななければどうにかなります 笑

 

人生経験だと思って、ガンガンと新しいことをできる人の中から栄光を勝ち取る人が出てくるんだな〜というのは周囲を見渡していても感じるところです。

 

安易な起業には夢を見ないで、会社にいるうちに準備できるものは準備しておくこと。

刃を磨いたら、飛び出す覚悟も視野に行動をし続けること。

 

この先に光が射してくると僕は考えています。

僕は失敗ばかりの人生なので、ガンガン行きます。

 

最後までお読み頂きどうもありがとうございます。