隙間時間のハイブリッド。これこそが運命を切り開く

あまり人前には現れない中里おるとです。

 

「どうにか時間を生み出すことはできないものか」

会社勤めをしていた時は、とにかくこのようなことばかりを考えていました。

 

朝出勤するのも早い。
残業も多いし帰宅時間は遅い。

睡眠時間を削れば次の日に支障が出る。
一体どうすれば。。。

 

そう悩みに悩んで頭がグルグルと回り病院に担ぎ込まれたこともあったほどだったのですが(実話です)、僕が最後に至った結論が「隙間時間を徹底活用する」ということでした。

まとまって作業や学習をしようと思うから、効率が悪くなる。
思ったような時間を確保できなくて、やる気を失くす。

 

このスパイラルを抜け出るために「隙間時間」の見つけ出し、洗い出しをとにかく行なったのですが、
意外と空いている時間があることに僕は気がついてきます。

 

例えばで挙げると、

・通勤時間

・移動時間

・昼休みの時間

・食事中

・帰宅後

・睡眠中

若干やり過ぎなのはいつものことですが 笑

 

全ての時間帯を抜き出し、自分が行なっている動きを再確認してみることにしました。

 

すると。。

意外なことに無駄な行動ばかりが多い。

 

例えば元々僕は時間というものをそこまで意識していなかったのですが、
実は毎日グングンと時は過ぎ去っていきます。

 

気がついたら30歳を超え、やがて40代に。。

気がついたら「ああ、もうこんな歳かあ」と思うのも嫌だったので、
僕は20代の頃はトコトンスキルの獲得にフォーカスすることにしました。

 

時間があれば、とにかくインプットを繰り返す。

本を読み漁る。

しかしながらインプットばかりを繰り返していても、当然結果は出ません。
何故なら、行動しないと新しい世界が見えてこないから。

このことに気がついた僕は、やがてアウトプットメインに移行するよう動き方を変えます。
が、「時間がとにかくない」。ここで時間制限にハマるわけです。

 

そこで僕が辿り着いた答えが冒頭の「隙間時間を見つける」ということだったのですが、
少しの時間さえあれば、実は頭の中で色々と考えることができます。

 

何か新しい取り組みをしようかなー

もっと時間効率の工夫はできないかな?

次の飲み会はこう断って・・(笑

 

など、とにかく思考だけはクリアにしておくように心掛けることにしていました。

すると不思議なことに、次の行動に移る際も自然に動けるようになっています。
事前に頭の中でイメージしていたから、無理なく行動できるというわけですね。

そんなこんなもあり、僕は隙間時間が5分でもあればスイッチを入れて新しいアイデアを思いつくことは今でもよくあります。

 

隙間時間を見つけたら、
クリエイティブな発想に目を向けアウトプットをしつつ、インプットをすること。

言葉にすると若干ややこしいのですが、
工夫次第で時間はうまく活用できるということです。

 

時には、ノートにメモ書きを走らせることでも良いでしょう。

 

もしよかったら参考にしてみて下さい。

最後までお読み頂きどうもありがとうございました。