ライティングは文化を変えていく。

僕は世間では安定と言われる公務員職に就いたものの、
心の中では常に淀みを抱えていました。




何故こんなに不自由な思いをしているのだろう。




言いたいことが、言えない。




もちろん会社勤めをしているならば、言いたいことが言えないのは当然の話。
刷新的な改革をもたらそうなら、瞬く間に針のむしろになる世の中。
(実際、そういった側面もありますよね)




僕は心の中に抱える「不自由な思い」を、
文章に書き起こすことで解消していくことを覚えました。




初めに軽い気持ちで取り組んだのが、
メールマガジンの発行。




何を題材に?




特に取り上げたいテーマも無かったのですが、
何故か不動産をテーマにメルマガの発行を始めます。




ひたすら不動産について書く、書く、書き続ける。




自分自身が不動産業界に詳しくなりたいという思いもあったのですが、
(表面的ですが)読者は5000人を突破。




収益を目当てにしたメルマガでは無かったのですが、
時には読者からの要望に応えて懇親会を開いたりしたこともありました。




自分が勉強したことを世の中に発信するだけで、
これだけ多くの人に影響を与えることができるのか・・・




そう実感した僕は、
段々と「文字で自己表現する」ということにはまっていきます。




時にブログ、




またあるときはメールマガジン(これは長い間発刊していました)




そして最近ではツイッター、コミュニティ発信。。。




媒体は様々ですが、
ひたすら文字で自分自身を表現するということにハマり続けてきたのです。




一般的には特異な気質だと思いますが、
これがスキルとなり自分自身を助けることに繋がります。




実は文章が書ければ、
人を集めることができます。




例えば僕の場合、
瞬間的に、大勢の人を集めることができます。




実際に1日で新規の読者さんを50人近く集めたり、
今も多くの人へ色々と情報発信をする機会に恵まれています。




一般的には難しいと言われている集客を、
僕は文章のスキルで一足飛びに超えることができるわけです。




文字は武器になり、
人の力になることもできる。




こう確信しているので、
現在も情報発信スキルを磨く必要性を人に説くことが多いです。




人を動かすコピーライティング




文化を変えていくキャラクターデザイン




新しい価値観を生み出す世界観




文章力を磨けば様々なスキルへと派生していきます。




こう信じ続けて安定?の役所を飛び出してしまった身ですが、
特に後悔することもありません。




文字を介したコミュニケーションスキルをもって、
より多くの人の手助けをしていく。




これが僕が考えるコアスキルであり、
これから人に伝えていきたい理想の世界です。




躊躇なく、自分の考えを人にスムーズに伝えることができる。




そんな風通しの良い世界を作っていくために、
これからも文字を書き続けようと考えています。




最後までお読み頂き、どうもありがとうございました。